歯と糖尿病

こんにちは。
歯科衛生士の大澤です。
まだまだ暑い日が続きますね。

みなさんは糖尿病と歯に深い関係があるのをご存知でしょうか?
実は歯周病は糖尿病の合併症とされていて、歯周病の治療をすると糖尿病が改善していくことがわかっています。

いくらカロリーに気を使っても、適度な運動をしても血糖値が改善しない。。。
そんな時は歯周病の可能性があります。
なぜなら歯周病が悪化すると、血糖値を下げるインスリンの働きが悪くなり、血糖コントロールがうまくいかなくなるからなのです。

そして、歯周病で高血糖状態が続くと、歯周病を悪化させる原因にもなります。


しかも歯周病は自覚症状がほとんどありません。
まずは自分が歯周病なのかどうか、歯科医院で調べてもらいましょう。








コメント

このブログの人気の投稿

治療を中断してしまっていませんか?

お口のニオイ気になりますか?